トイレの水漏れの原因と対策

トイレの水漏れの原因と対策 バスルームやキッチン、外回りなど、家の中には水を使用する場所が多くあります。その中でも、特に水の使用量が多い箇所はトイレです。トイレが壊れてしまうと、用を足すことができないので困ったことになります。また、水漏れがひどい場合は一瞬にして水浸しになり、水道料金も多くかかるので早めの対策が必要です。なぜ水が漏れてしまっているのか原因を早急に探さなければなりません。
また、トイレは作りが複雑なので、水が漏れている場合は自分で直そうとすると、かえって事態を悪化させてしまう場合もあります。自分で無理をして直そうとするのではなく、水道 修理に対応している業者に依頼して直してもらうようにしましょう。ここでは、トイレの水漏れの原因と対策について紹介します。

■トイレの水漏れ対策の方法

水漏れしている場合の対策として、一番早いのが24時間対応している水道業者に依頼をすることです。即座に対応してくれる業者なら、依頼してからその日のうちに駆けつけて直してくれるでしょう。どんな原因で水が漏れているのか分からない場合や、緊急を要するときは早めに連絡をすることが大切です。
業者の対策としては、大きく分けると交換と修理があります。交換と修理では、それぞれ費用やかかる時間が異なるので注意をしましょう。緊急を要する場合は、先に応急処置だけしてもらって、後から修理か交換を選ぶ方法もあります。慌てて決めてしまうのではなく、業者に対策方法の案を尋ねると安心です。対策が遅れるほど取り返しがつかないことになるので、早めの行動が大事です。

■トイレの水漏れが起こった時にするべきこと
水漏れが起こった時に、水が溢れ出ているような状態の場合は、先に水を止める必要があります。水は止水栓を閉めることで止められるため、止水栓を探して止めましょう。タンクが付いているタイプであれば、トイレの壁とタンクを繋いでいる配線に止水栓がある場合がほとんどです。タンクがないタイプだと、背中側に止水栓が収納されているので確認をしましょう。
マイナスドライバーを使って閉める構造が多いですが、専用の道具を使って閉めるタイプもあります。もし、止水栓が見つけられない場合や止水栓を閉めても水が溢れ出るような場合は、水道の元栓を閉めて対応してください。水が止まったのを確認してから、水道業者に連絡しましょう。

■トイレの水漏れでチェックするポイント

水漏れトラブルの中で特に多いのが、便器の中で水が流れ続けているケースです。外に漏れ出さないため、住んでいる人が気付かないケースも多くあります。延々流れ続けるのを放っておくと、水道代を多く請求される場合があるので注意しましょう。
また、水漏れの状態からおおよその原因が分かる場合もあります。ウォシュレットから水が溢れているような場合は、リモコンが電池切れになっている可能性やノズル内の弁の故障が想定されます。電池を交換しても水が漏れ続ける場合は、ウォシュレットのパッキンが故障している可能性があるので、業者に依頼して交換をしてもらいましょう。
外まで水が溢れ出している場合だと、タンクや配管などの故障が想定されます。応急処置の方法を教えてもらえることもあるので、業者に連絡したときに、どんな症状が起こっているのか伝えておきましょう。

■まとめ
トイレの水漏れが起こる原因は、部品の故障やタンクや配管の故障など様々です。対策は状況に応じて変わってくるため、水道業者に依頼する場合は状況を分かりやすく伝えるためにも、症状を細かくチェックしておきましょう。
基本的に水が漏れたときの対策は、トイレ交換と修理になります。自分で判断するのではなく、業者にも相談しながら対応を検討しましょう。実績があって即時対応をしてくれる、信頼性の高い業者に依頼することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース