コンテンツ

水漏れでトイレ交換をする流れ

トイレの水漏れが起こった場合、最初は止水栓を止めて業者に連絡して状況を説明します。その後は、トイレを見てもらって、修理や交換を検討する流れです。ここでは、トイレの交換をする流れについて詳しく紹介します。

■トイレ交換の事前説明

トイレを見てもらった後は、水漏れの原因や状況について業者から教えてもらいます。修理をするメリットよりも、交換するメリットの方が大きい場合は、交換にかかる見積もりをしてもらいましょう。
また、トイレが使用できないと困る人が大半です。交換することになった場合は、最短でどれくらい時間がかかるのかも確認しておきましょう。業者選びは金額の安さも大切ですが、トイレは緊急性が高いので施工にかかる時間の早さも重要です。

■トイレ交換の施工からアフターサービスまで

業者に依頼する際は、交換の施工が終わった後のアフターサービスの有無も確認しておきましょう。交換が終わっても、しばらくは不具合が起こらないか見守る必要があります。保証期間の長さもチェックしておくと良いでしょう。
水回りはトラブルが起こった後の対処が大変なので、今後のことも考えると信頼性や安心感のある業者選びが大切です。できれば24時間受付していて、点検や見積もりが無料になっている業者に依頼をしましょう。

■まとめ
水漏れでトイレ交換する場合は、業者に事前確認しておくと安心です。見積もりしてもらってから交換が終わるまでの期間や、アフターサービスの対応期間も確認しましょう。また、トイレの状況によっては交換よりも修理の方が良いケースもあるので、業者に相談しながら対策を検討してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ