コンテンツ

トイレの水漏れで交換以外の方法

トイレの水漏れと言っても、どの部分から水が出ているかによって対策は異なります。場合によってはトイレの交換よりも他の方法で対策する方が良いケースもあります。ここでは、交換以外の水漏れ対策について見ていきましょう。

■修理してもらう方法

交換以外で水漏れを改善する方法として修理があります。修理のメリットは、原因となっている部分だけを修理するため、交換に比べると費用がかからないことです。場所によっては1万円以下で直せることもあります。
小規模の範囲が原因になっている場合や、パーツ代が高くないなら修理だけでも十分です。範囲が広い場合や、経年劣化が著しいときは交換の方が良いでしょう。業者を選ぶときは、修理と交換に対応している業者に相談しましょう。

■自分で直す方法

水回りに対する知識があるのであれば、自分でトイレの水漏れを直せる場合があります。ただし、間違った修理をすると状態を余計に悪化させてしまうことがあり、当然すべてが自己責任です。
また、最近のトイレは電気系統も複雑なので、自分で直していると漏電のリスクもあるので注意しましょう。業者に依頼する場合だと、アフターサービスや保証が受けられ、リスクが小さいため、トータルで考えると自分で直すよりも業者に依頼した方が安心でお得です。

■まとめ
トイレの水漏れは交換以外だと、修理してもらう方法や自分で直す方法があります。一番安いのは自分で直す方法ですが、状態を悪化させるリスクや漏電のリスクなどがあるので、業者に依頼して修理や、交換してもらうのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ