コンテンツ

トイレの水漏れ対策が遅れた場合

トイレの水漏れ対策は、早ければ早いほど被害の拡大を防げます。対策が遅れると、場合によっては自宅だけでなく、周囲の住民に迷惑をかけることもあるため注意が必要です。ここでは、トイレの水漏れ対策が遅れることで起こることを見ていきましょう。

■周囲が水浸しになる

トイレの水漏れが発生したときのリスクとして大きいのが、水が溢れ出してトイレ以外の居住スペースに水が流れ込むことです。一戸建てなら自宅が被害を受けるだけで済みますが、集合住宅だと他の部屋に水が流れ込む場合もあるので注意をしなければなりません。
水漏れに対する賠償は経年劣化の場合大家側に負担をしてもらうこととなるので、トイレ 水漏れが少しでも起こっているときは、早めに対策をしましょう。

■費用が余分にかかる

トイレの水漏れ対策が遅れてしまうと、水道代が余分にかかってしまいます。少量の漏れでも、24時間水が出続けるとかなりの量です。また、水が溢れる範囲が広がって被害が拡大し、修理やトイレの交換箇所が増えると、余分なお金がかかります。
水の溢れ具合によっては、電気系統に影響を与えることもあります。場合によっては電気系統の修理も必要です。少しでもトイレの水漏れが気になる場合は、早めに業者に連絡をして対応してもらいましょう。

■まとめ
トイレの水漏れ対策は、早めにしないと手遅れになる場合があります。また、本来なら安く済んだはずの修理や交換の費用が大きく跳ね上がることもあるので注意しましょう。プロに依頼して、まずは状況を確認することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ