コンテンツ

ウォシュレットのトイレ水漏れには要注意

今やウォシュレットは世に普及しており、中には敷設されていないトイレは使いたくないという人もいます。水で汚れをキレイにしてくれるウォシュレットですが、水漏れが発生しやすい場所の一つになっているので注意をしましょう。

■ウォシュレットの交換目安

ウォシュレットの寿命はおよそ10年と言われています。10年が経過すると、ウォシュレットの水漏れはいつ起こっても不思議ではありません。水漏れした場合は電化製品ということもあり、感電のリスクや火災のリスクが高まります。
本来なら10年を目安にウォシュレットを交換するのが理想ですが、故障するまでそのまま使うケースも少なくありません。もし、ウォシュレット 水漏れが起こっても自分で直そうとせず、業者に依頼して対応をしてもらいましょう。

■ウォシュレットの水漏れでチェックするポイント

ウォシュレットの水漏れが発生している場合は、本体からの水漏れがないかチェックしましょう。温水タンクや操作から水が漏れている場合は、ウォシュレットの内部に原因があります。
故障している部分を調べて部品を交換するか、場合によってはすべてを交換しなければなりません。また、ノズルから出る水の量が少ない場合は、ノズルに汚れが詰まっていることが考えられます。この場合も細かな作業が必要なので、業者に依頼してキレイにしてもらうのがおすすめです。

■まとめ
ウォシュレットのトイレ水漏れは、電気系統が絡んでくるので十分な注意が必要です。無理をしてウォシュレット内部にある原因を探そうとせず、業者の無料点検や見積もりなどを利用して、原因を調べてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ